Archive for 1月, 2008

Kansei Analyst Eyes 〜大阪府知事選挙〜  

月曜日, 1月 28th, 2008

大阪府知事選挙は橋下徹氏が当選し全国一若い知事が誕生した。
昨年宮崎県知事選で当選した東国原知事、この2人が当選した
理由には共通点がある。

「知名度でしょ」という声を当たり前の様に聞く。
落選した民主党推薦の熊谷氏でさえ「知名度に負けた」と語っていた。
ほんとうに知名度が勝敗を分けたんだろうか。

大阪府知事選が始まってすぐの世論調査では橋下氏の支持率は
圧倒的な得票数を表すような支持率では無かった。
熊谷氏と接戦を余儀なくされる展開となる事が予想されていた。
東国原知事に至っては、勝てる見込みさえなかった。

熊谷陣営は選挙が始まるや否や、橋下氏を非難するビラを大量に
配り、彼のイメージダウンを狙う作戦に出た。どこで演説しても
橋下氏を蔑んだ発言を繰り返した。
これを大衆感性は嫌った。

現在の大衆感性は「気品」を好み「気高い志」に強く共感する。
「じっとしていられない。何が正しいのかを高らかに言い放ちたい」
という橋下氏には共感出来ても、非難と蔑む姿勢にはとてもじゃないが
共感していられないという感性が働いた事が橋下氏が勝利した要因
だと推測している。
東国原知事はあの有名な「どげんかせんといかん」という言葉で
宮崎県民に気高くあれと訴えた。
この訴えに県民は強く共感した。
これが両知事の当選出来た共通点だ。

橋下氏は圧勝といえる当選ではあったが、東国原知事の時の様な圧勝と
ならなかったのは、橋下氏が茶髪の風雲児と呼ばれ、その風貌や姿勢に
対して「気品」を感じない層が熊谷氏に投票したからと考えている。

大衆の感性を理詰めで納得させる事は容易ではない。
感性は人の潜在域で、どっかと魂の様に腰を据えている。
ここには逆らう事は止め、感性が共感する方向に舵をとる事が懸命だ。

Kansei Analyst Eyes 〜大阪府知事選挙〜  感性アナリスト 虎島秀一