Archive for 7月, 2007

コラム: AXE アックス

火曜日, 7月 24th, 2007

2007年上半期、市場をあっという間に2倍にしてしまった商品が現れ
た。「AXE アックス」 男性用フレグランス商品。

上陸編のCMでは、無人島と思われるビーチに立つ男性に、どこからとも
なく現れた女性達が群がるCM、単純だがセンセーショナルで刺激的であ
った。

日本では男性用フレグランス商品はあまり売れない。
フレグランスを体に振りまき悦にひたる男性を見たときには「欧米か!」
と突っ込みを入れたくなるぐらいに、日本人男性にとってフレグランス商
品は縁遠いものだった。

アナログ期に入りメトロセクシャルという言葉が現れ男達は身だしなみを
整え、清潔を心がけ、眉までそろえる周到ぶりを見せた。
中年男性は、雑誌に触発され、ちょいワルを演出し、もてる気分を味わお
うとした。体臭には注意を払い、消臭商品はとてもよく売れていた。
なのに、消臭から香りをつけるという行動に一気に消費者行動を変えさせ
てしまったこの商品は、女性にもてる媚薬として支持された。
もはや力業である。

アナログ期、ソフト志向傾向の感性が働いている時は、女性が女性を
謳歌する時代であるがゆえに、香りで女性をその気にさせるという
飛び道具を使わなければ、女性を振り向かす事が難しくなっている
ぐらい女性の時代だという事を揶揄した商品に思えてならない。
これで女性を落とせるなんて事はありえないのだから。

しかし、ハード志向傾向の感性が働く時期に入れば、男気は帰ってくる。
それまで女性に女性を謳歌してもらおう。

 

感性アナリスト 虎島秀一